愛知県一宮市、妙興寺を訪れました

f:id:Tmiwa:20160910173701j:image


夏の終わりと
秋の始まりを感じました

 

 

H28年 9日10日(土)

 

今日は、
愛知県一宮市にある
”妙興寺”と言われている

「妙興報恩禅寺」
を訪れました。


今日の目的地は
一宮市内にある真清田神社、大神神社を参拝することでした(^^)

 

妙興寺周辺はご縁があって何度か訪れてはいましたが、


”妙興寺”という地名のみを知っているだけで

お寺が実際に
あるのかなんなのかも
よくわかっていないくらいに
未知なところでした^^;

 

 

 

そして門をくぐりました

f:id:Tmiwa:20160910173743j:image


勅使門
室町時代の創建当時からのこる唯一の建築で旧国宝で国重文。

 

 

f:id:Tmiwa:20160910174009j:image

 

 


私は最初から私はここへ導かれるために
一宮市へ足を運んだのか、

と思わせるほど

 

落ち着いた雰囲気と
お寺なのにお寺を感じさせない不思議な雰囲気に


すっかり引き込まれていきました

 



f:id:Tmiwa:20160910173900j:image


三間三戸の重層門
重層門とは楼門のうち2階部分にも屋根を持つ構造のものです

 

 

f:id:Tmiwa:20160910173933j:image

妙興寺仏殿

 

ここで
Wikipediaより

妙興寺(みょうこうじ)は、愛知県一宮市にある臨済宗妙心寺派の大寺院。山号は、長嶋山(ちょうとうさん)、寺号は詳しくは妙興報恩禅寺と称する

 

 

 

 

f:id:Tmiwa:20160910173816j:image


とっても静かで
聞こえるのは

 

蝉の声

そして
境内のどこかで、どなたかが引いているギターの音♬

境内でのんびりするのに、ぴったりのBGMでした(^^)

 


広いわりに
人が少なくて


妙興寺のお坊さん達が
外でお掃除をされているのを見かけたのと

 

あと数名とすれ違った程度

 


人の気配がない分、

境内の気を存分に感じることが出来ました♬

 

 

 


f:id:Tmiwa:20160910174036j:image

 

確実に時間が止まっていました

 

 

カメラで被写体を探して撮ること以外は

全く何も考えてなかった(^^)

 

 

無の状態

 

 

f:id:Tmiwa:20160910174103j:image

 

感じたのは


夏の終わりと

秋の始まり

 

f:id:Tmiwa:20160910174119j:image

 


近いのでまた訪れたいと思います♬


最後まで読んでいただきまして
ありがとうございました

 


竹嶋美和


f:id:Tmiwa:20160910174215j:image